話題の「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」見てきた!

今日は今話題になっているハリーポッターシリーズの最新作の「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を見てきました!
851682ac88d5b3b64b75e143189cb1e5-432x640.jpeg
こちら↓が概要になっています!

舞台は「ハリーポッター」シリーズの
約70年前1926年のアメリカ・ニューヨーク。

ニュートは、魔法界きっての
“魔法動物学者”。
ハリーたちがホグワーツ魔法魔術学校の
授業で使用していた教科書
「幻の動物とその生息地」を編纂した人物。
人間といるよりも動物たちに
囲まれているほうが落ち着ける
性格で、世界中を旅する中で発見した
魔法動物を記録したり、
捕獲したりしているキャラクター
として描かれる。

そんなニュートが持っている
スーツケースは、魔法のアイテム。
時に危険な魔法動物たちを
目いっぱい詰め込んでおり、
スイッチを入れると中身が
魔法使いにしか見えなくなる
仕組みだという。
スーツケースに入れていた魔法動物が
逃げ出したことをきっかけに、
ニュートは米国魔法省と衝突し、
追われる立場になってしまい、
さらには魔法界の壊滅を
狙う謎の組織も現れ、窮地に陥る。

なお、ハリー、ロン、ハーマイオニーたちを
支えた重要なキャラクターも登場する。

スポンサーリンク



率直な感想を言うとハードルを上げすぎたのかいまいちでした。

ハリーポッターと思ってみるとちょっとがっかりしてしまうかもしれません。

この作品では魔法動物は安全で悪い生き物ではないということを

伝えようとしているせいかハリーポッターではよくある戦闘シーンが

あまりなく魔法動物を使い色々な困難を越えてくという感じでした。

私はアクションがすきですのでハリーポッターのような戦闘シーンを

求めていたのかまずまずな感想となりました。

ファンタスティックビーストシリーズは元々3部作を想定して作っていたらしいのですが

5部作になることが決定したみたいです!

今後の作品に期待しようと思います!

また概要にもある通り機会があれば「幻の動物とその生息地」

読んでみようと思います!

 幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター) -
幻の動物とその生息地(静山社ペガサス文庫) (ハリー・ポッター) –

他にもハリーポッターの続編の「ハリーポッターと呪いの子」の日本語版も

先日発売されましたのでそちらも読んでみたいです!

読みたい本が多いなー(笑)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ) -
【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ) –

こちらの映画化も楽しみすぎます!

ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. せい より:

    僕もこの映画気になってたんで、参考になります(*´∀`)

  2. 旅人 より:

    参考になれて良かったです!
    いつもコメントありがとうございます!
    > せいさん
    >
    > 僕もこの映画気になってたんで、参考になります(*´∀`)