消費税増税の実態!!

今日は消費税増税について軽く調べたので要点をまとめてあげていこうと思います!
056.jpg
現在消費税は8%なんですけど10%に引き上げようとしています。
消費税は国民の全員が商品を購入するときに納めているものなので
気にかけないといけない問題です!

スポンサーリンク




この記事で消費税をなぜ引き上げるのか?
消費税率を10%にすると国はよくなるのか?
の以上2点についてあげていきます!

ではまずなぜ消費税をひきあげるのか?
若い世代の税金の負担を減らすため
日本は少子高齢化で人口の4分の1が65歳以上という状況であり
高齢者が増えれば増えるほど医療費や年金にどうしてもお金が
かかってしまいます。なので今の若い世代の人の負担がどんどん
重くのしかかるのを防ごうという事で国民全員が納める消費税を
あげることにしたのです。他にも所得税や法人税をあげればいいのでは
ないかと思うのだが、この二つは景気が悪くなると減少してしまうため
景気がわるくなっても商品は購入するので消費税の増税ということになりました。
次に消費税率を10%にすると国はよくなるのか?
消費税率10%では社会保障の維持にしかならない
消費税増税分を社会保障費にあてると言っているのだがこれは
社会保障を維持することにあたります。では何%まで引き上げると
社会保障を維持しつつ、また国が借金をしないのですむのかというと
計算した結果17%にすればできるという結果が出ています。
だがこれはあくまでも今現在の状況での話ですので高齢化が進むと
17%では全然足りなくなります。
世界的にも日本は税率がものすごく低いです。
ヨーロッパは20%以上の国がたくさんあるそうです。
その分医療費が無料になったりする国もあるので悪いことばかりでは
ありません。
ですが低所得者からすると商品が高くなると死活問題になりますので
食料品など特定の商品には軽減税率という税率を下げる仕組みも導入
される予定みたいです。
今回も池上彰さんの本を参考にしました!
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) -
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) –
ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする