これを知れば日本の景気がわかる!!

ニュースで耳にするインフレとデフレこの二つを知ることで日本の
景気の状況が少し見えてきます。
そもそもインフレとデフレの違いを解説していきましょう。
・インフレとデフレの違い
インフレとは日本語で「膨張」を意味するインフレーションの略語で
どんどん物価が上がっていくことです。

物価があがると聞くと悪い印象を受ける方が多いと思うんですがその背景には
販売している側は売り上げが上がっていくので給料の昇給につながります。なので
一概にも悪いとは言えませんが収入が少ない人からするとお金がないため生活が
苦しくなってしまいます。
デフレとは日本語で「縮小」を意味するデフレーションの略語でインフレとは逆で物価が下がっていくことです。
物価が下がると良い印象を受けるんですがその背景にはインフレと逆なんですが
販売している側は物価が安くあまり売り上げがとれないため給料はどんどん
下がっていきます。しかも政府の定義によるとデフレは「持続的な物価の下落」だと
言われています。

スポンサーリンク




・デフレスパイラルとは?
デフレスパイラルとは簡単に言うとデフレの起こっている現象が
ずっと続くことです。

なので物価が下がるのだが消費者も給料が下がっているため物を買わない。。
そうするともっと物価を下げなくてはならない。
スパイラルとはらせんという意味ですので一生抜けることができないということです。
img_0.jpg
日本はデフレから脱却しようとすべての物価の値段を上昇させようという
政策を試みています。
物価が上昇すると悪い印象になるんですがインフレとデフレの事を理解すると
考え方が変わってくるということがわかりました。
だけど今の日本は物価はあがるが給料は上がらないし、税金や年金は高くなっていっているので
生活がどんどん苦しくなっているんではないかと思います。
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) -
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) –
詳しくはこの本に載っています。
ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする