円高?円安?その仕組みを知ろう!!

今日は円高と円安について解説していこうと思います!
朝のニュースでもよくする円高と円安っていったいなんなんだろう?って
思ったことありませんか?
私も詳しく知らなかったんで調べてみました!
2-2.jpg
・円高と円安
円高=日本円の価値が高い
円安=日本円の価値が低い
例えば1ドル100円が90円になると円の価値が上がったということで円高で逆に
110円になると円の価値が下がったということで円安となります。
なので円高になるとドル安になるということになります!

スポンサーリンク




・円相場ってどう決まる?
ニュースの円相場って常に変動していますがなぜ変動しているのかというと
円やドルといった通貨が市場で取引されているからです。
こういった取引は外国為替市場という所で行われます。
ですが、取引といっても取引する所があるわけではなくインターネットや
電話で取引をします。四六時中為替レートが変動するのも世界中の人が
取引しているからです。
そして円高や円安といった物を決めているのは需要と供給によって決まります。
なので円を買う人が多いときは円高、円を買う人が少ないときは円安ってことになります
ちなみに円高や円安は以前と比べて決められています!!
需要と供給についてはこちら↓
需要と供給とは
輸出入をする際も輸出は円安が良いのですが、輸入は円高の方が良いということになります。
逆に円高だと輸出は不利になり、輸入は円安だと不利になります。
それを考えると需要と供給のようにバランスが良いほうがいいのかもしれません。
358_1.jpg
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) -
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) –
今回もこちらを参考にしました。
ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする