GDPの本当の意味!!

GDPは国の豊かさを示す指標として使われるんですが、日本はアメリカ、中国に
次いで三位なんですが今の日本は本当に豊かなんでしょうか?
160422-1-001.jpg
・GDPと豊かさの関係
GDPとは国内総生産のことです。国内総生産は一年間に国内で売れたあらゆる商品、サービス、娯楽などで使われたお金の合計金額がGDPに反映されます。
そうしますと自炊をするとGDPへの反映が少なくなりあまり豊かではないと思われますが
自炊でも豊かな人はいるので豊かさは人それぞれだと思います。GDPは経済的に豊かで貧しくない事が
幸せなんだと考えGDPを豊かさの指標になってます。
先ほど中国に抜かれ、三位になったといったんですが、国民一人ひとりのGDPでは
中国よりもまだ上だそうです。これは中国の貧富の差がこの結果に表れているんではないかと思います。

スポンサーリンク




・経済成長率と景気の関係
経済成長率とは去年のGDPと比較してどれだけ伸びたかを表すものです。
なので著しく発展している開発途上国と日本のような成熟している国とでは数字が大きく変わってきます。
たとえば去年が10兆円の経済規模の国が1兆円伸びると経済成長率が10%になるんですが
100兆円の国が1兆円伸びたところでは1%にしかなりません。なので経済成長率だけでは
不景気かどうかは判断できない事がわかります。
・経済が成長しても不景気の時がある??
前年と比較してGDPが低くなると不景気と思われる事はわかったと思うんですが
GDPがあがっても不景気と思われることもあります。それはなぜかというと
専門家たちが定めたその国ならこのくらいは伸びるだろうと予想した潜在成長率というものがあります。その予想より低くなると不景気と思われてしまいます。
なので日本はこの20年以上不景気とされていますが、実際の所GDPは
伸びているんですが「日本はもっと伸びるだろう」と予想され不景気とされています。
このように不景気だからといってGDPが伸びていないわけではありません。
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) -
(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) –
詳しくはこちらに載ってます!!
ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする