【桜ルート】♯3 Fate Heaven’s feel をスマホでプレイ!プロローグ2日前~

前回のあらすじ

学校が終わり魔術師としての凛に戻り
ついに聖杯戦争に参加するためサーヴァントを召喚する!

前回のはこちら↓↓

【桜ルート】♯2 Fate Heaven’s feel をスマホでプレイ!プロローグ2日前~

あれ?
目の前に何も変化はない。
その後居間の方で大きな音が聞こえる(ガシャーン)
急いで居間の方に向かう凛。

居間はめちゃくちゃになっていて
ソファーの上には偉そうな男が座っていた。
時計を見ると深夜の時計を見て1時間早かったことを思い出す。
凛は絶好調の2時に儀式を行ったつもりが1時にやってしまったのだ。

凛はドジったと思いつつ、偉そうな男に私の
サーヴァントなのかどうか話しかける。
サーヴァントは生意気にもマスターの証拠を見せろと
問いただし、凛はマスターの証の令呪をみせる。
サーヴァントは信じたくないが仕方なく信じてやろうという
そぶりで色々と条件をつけて凛がマスターであることを認めた。

その態度に頭に来た凛は令呪を使って絶対服従させようとする。
だが、令呪はそういった幅が広い命令だと効果が薄く。
このサーヴァントは変わらず生意気な口調だった(笑)
令呪は三回しか使えない。それをこんなのに使ってしまった
凛に呆れていたサーヴァントだが意味がないわけでもなく
反論すると体が重くなるそうだ(笑)

その後時間がたっていくにつれ、凛の魔力量の多さに気づき
サーヴァントは凛が一流の魔術師であることを認める。

凛はサーヴァントにセイバーなのか問うと
剣は持っていないと返され、がっかりする。
このサーヴァントのクラスはアーチャーだった。
どこの英霊なのかは記憶の混乱により不明。
強さがわからず困っていた凛だが、アーチャーは
自信ありげに私の強さを見て謝罪させてやるという。

そんなアーチャーに凛は命令を出す!
その命令とは部屋の掃除であった(笑)
こんなサーヴァントの使い方をするのは
凛だけかも(笑)

しかも凛はさっさと寝るっていうね(笑)

これで長い一日は終わりを告げる。

残すところあと1人。
7人のマスターが決まった時聖杯戦争は開始される!

今回はここまで!

失敗かと思われたけどアーチャーの召喚に成功しましたね!
まあお望みのセイバーじゃないし、家もあんなに壊れたら
凛的には失敗なのかもしれませんね(笑)

あと一人で聖杯戦争がはじまります!
まあ皆さんもだれかはわかっていますよね(笑)

次回謎に包まれたアーチャーのとは!?(笑)

ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする