イギリスEU離脱の真相!

今更何ですけどたくさんの人に知ってもらいたいため
記事にすることにしました!
これからこういった記事も書いていこうと思います!
そもそもEUとはヨーロッパ内での資源の争いなどをなくすためにできたものだった。
EU離脱の理由
1.移民問題
イギリスは他の加盟国に比べて経済が豊かであり、最低賃金が高い。なので最低賃金が低い国からイギリスに移民して働く人が多くなった。そして社会保障なども充実しているのだが、低所得者は税金を払わずに受けれるのでイギリス国民が移民の人達の分も負担しているため不満が高まっている。
2.EUのルールが細かすぎる
EUでのルールは本にするとなんと80000ページも膨大な量であり細かすぎるという声がある。

8歳以下の風船を膨らませることの禁止
(死亡する事件が起きたため)
チョコレートの定義について論争があり、植物樹脂5%あればチョコレートと認めるなど。
こんなのも作っていたらきりがないでしょ(笑)
3.EU維持費が高すぎる
EUの維持費が高すぎることにより、イギリスとしては見返りが少ない。
なので、維持費に回すくらいならイギリスとして一つの国になり、イギリスのために使うほうが良いという考えがあがった。

スポンサーリンク




だが、イギリスEU離脱はイギリス国民でも予想外だった。軽はずみの不満で離脱に票を入れた人が多かったと言われている。
EU離脱による影響
イギリスが抜けたことによりユーロの価値が一気に下り、円高になった。
そして他の経済が豊かなドイツ、フランスなどもこれを気に離脱するんではないかと考えられている!
EU離脱が増えるとヨーロッパ内で資源を求め戦争が起こってしまうのではないかと言われている。
イギリスからすると割に合わないEU制度だが私的には
こういった制度が世界平和につながるのではないかと思います。
でも、こういった発展国の不満もどうにかしないといけないので
せめて維持費だけでも安くしてあげたらいいのにと思うんですけどね。
EUからしてもイギリスには大分助けられているはずなのに(笑)
最近ニュースで聞かないんだけど大丈夫かな?
なんかわかる方いたら教えてもらえると嬉しいです!

ランキングバナー

応援クリックお願いします!

人気ブログランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク


twitterもやってまーす→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする